アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


06<<  2017.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン・カビテ・ダスマリニャス訪問

2013年1月21日

ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

バクラランからPM13:00にダスマリニャス、バヤン行の路線バス36ペソ80円に
乗っかりロハスブルーバードを空港方向に走り空港へ向かう時は右手に見える

コースターモールをいつもは左折だが真っ直ぐ路線バスは南下し2:15分
バヤンのシティホールがある停留所で下車した。前方にはシティホールが見える



地図


事前になおさんからダスマリニャスへ来る場合のアプローチを聞いていたので
メモ代わりに載せておくとバスはロートンからタフトアベニューを南下し
キリノアベニューでロハスブルバードに出て、バクラランを通過して

アギナルドハイウェイに入って南に一直線です。
ダスマリニャス行きかタガイタイ行きです。

Gil Puyatからは乗ったことがないのですが、いずれにせよタガイタイ行きに
乗ればOKです。降車地は「BAYAN」バヤンです

ダスマ行きだと旧市街地の大きな教会とシティホールの近くに着きます
タガイタイ行きならばバヤンのウォーターマートと言えば分かります。
1キロほど手前でルートが変わるだけです。



1_20130610071006.jpg



バヤンの停留所に到着後、待ち合わせしていたなおさんに電話をするが
繋がらないのでどうしたものかと考えてるとなおさんが待ち合わせに際し

目印にと言われてた赤色の帽子をかぶった人がいるのだが
どう見たって現地の人なんで他を探すもののそれらしき日本人はいない

取り敢えずフィリピン庶民派のブランデーインペラドールを手に持った
赤帽の人に近づくと反応がありなおさんと判明。。
現地化された風貌にフィリピンで生きる為の生活の知恵を垣間見た。

(画像はピノさん宅で1階はネットCafe 二階は下宿&ゲストハウス)



2_20130610071011.jpg



先ず一行は今夜の宿となるピノさん宅まで向かう。自宅は一階が
ネットカフェ二階は下宿を営なまれているピノさん宅まで

ジプニーで向かう。。時間にして10分くらいだろうか長く感じたが
ダスマリニャスの町の広さも同時に理解出来たのである。

(画像は、1階のネットCafe)



3_20130610071014.jpg



二階の下宿部屋である。

ファンルーム・トイレ・シャワーは別で

朝晩のまかない食事付きで、1泊300ペソ



7_20130610071051.jpg



ピノさんとお会いし奥の居間に通されいろいろと紹介も含め話をしていると
夕方からダスマ在住の邦人が集まって来るとのことで
H氏、ピノさんの計らいに感謝の限りである。

そのうち誰彼もなくプシュとビールが開けられたら早々に4名で
前座の酒宴が始まったのである。
その後は1人集まり2人集まりと盛り上がっていき、それでなくても

名前を覚えるのが苦手な私は4人。。いゃあ5人は顔とミドルネームが
果たして一致しただろうか?皆さん申し訳ないです。
旅先で皆さんのブログを周回し確認が取れればと願ってる次第である。



5_20130610071020.jpg



宴の主役はアルコールなんだが皆さんから聞けるダスマリタイア話が
なんと言っても楽しみだ。。
フィリピンでの酒の肴は二の次三の次と思っていたのだが。。

暫し会話が途切れる程の味のクオリティ。。それも和食。。
一昨日まで日本にいてたのに箸が進む、聞くところによると
元、日本料理の板さんがプロデュースらしい。。



8_20130610071055.jpg



こんなのが宴会で食べれるならダスマに居つけるはずだわ。。
それに近くに韓国食材店があって日本人のくちに合う食材が手に入るとのこと
ここ数年、韓国人の進出が目ざましいフィリピン。。

この点で言えば大変に有難い事だ。
今回の参加者は若い人は40歳を皮切りに人生の大先輩までとバラエティ。。
楽しく勉強になった宴だった。



6_20130610071048.jpg



ダスマリニャスに邦人がたくさん住んでいる。。。
何故なんだろうの疑問は解消した。

当時、日本で働かれていたタレントさんの出身がダスマリニャス
日本のお父さんはリタイア後に日本を離れ暖かいフィリピンに移住
当時に親しくなったタレントさんと一緒になって住み着く。。。

これが一番の理由であった。(もちろんシングルの方もおられる)
今回もいろんな人と出会えた。。皆さんお互いに元気でありますように



4_20130610071017.jpg



解散後は皆さんフィリピンの流儀に従いお車やカスタムバイクでお帰りになられましたww








2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会





関連記事


コメント
見つけました^^
当日はあまり付き合えなくてスミマセン^^;
連日の飲み会で疲れて・・・・・
またダスマに遊びに来て下さい
次回はガッツリお相手しますので(笑
[2013/01/25 23:48] URL | 勝 #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: 見つけました^^
覚えてますよ帽子を被られた方で。。
他の方も大勢帽子だったかなww
迎え酒でしたね
現在はビサヤ地方です。
[2013/02/02 11:09] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/959-254bdff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。