アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2017.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

2013年3月8日 ipad mini 投稿


マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

いよいよランカウイを離れお互い別々の境地へ。。。
私は一路タイへ抜け、桑島くんはクアラルンプールを目指し帰国の途へ



地図



地図



関空からフィリピン〜マレーシアと二人で移動し旅先で負んぶに抱っこなど嫌味を
言われつつも途中に単独行動をとって貰ったりと彼なりに1人旅のノウハウも備わり
今後の旅では1人であろうが怖じ気ずに行ける自身は付いたと思う。たぶんww



image_20130308172118.jpg



やはり旅は1人でしてこそだと思う。こんな楽しい日々の感動や心配を分かち合うもんでは無いww
当日の朝は、宿の親父が大通りで待機するタクシーを呼んでくれ7:30チェックアウト

港までの24RMをお互いに折半でランカウイ港へ向かう。道中の車内で僕は
最後の任務として彼にクアラルンプールまでバスでは無く普通列車で行くようにと命じた。

彼の手には免税のビールを冷やす二代目アイスBOXが誇らしげに掲げられているww

ついでと言っちゃなんだが上のシャツを短パンに入れるバカボンスタイルも健在だww



image_20130308172147.jpg



港の外側に各地への船チケット売り場があり私はサトゥーンまで買い求める。
ランカウイ〜サトゥーンは30RMで乗船するのは日に1番の9:00出港の船で
窓口の叔母さんは、8:30にイミグレーションが開くとの事だがお約束のように遅れる。



image_20130308172141.jpg



船は9:00に出港のはずなのに8:40に開くくらいなので連鎖的に船も遅れるんだろうと察する。
さてさてX線の検査も無く出国はいたってスムーズで簡単であった。
乗客の顔ぶれはマレーシア人が大半を占めてるようだ。

『マレーシア出国・イミグレーション』



image_20130308172144.jpg



船は往路でクアラ・プルリス(Kuala Perlis)港から乗ったカタマラン双眼船より
小さな船で到着後は先づタイ側からの乗客を降ろし乗り込むのだが
下船して来る乗客は、イスラム服を来たご婦人の姿が多い。



image_20130308172714.jpg



物の順序どおり前が遅れると後も遅れるの方式で9:35出港した。
ただタイとマレーシアの間には1時間の時差があるのであせる事はない

それにしても船内はエアコンが効きすぎで寒い、ここ何週間もエアコンとは
無縁の生活をしていただけにエアコンには過剰に敏感になった。

最初は乗客がチラホラだったのに時間が経つにつれ100%の乗船率となり
そのお陰と言うのかエアコンの寒さも大勢の体温で緩和されたようだ。



image_20130308172652.jpg



サトゥーン着10:35、タイ時間9:35、ランカウイからは1時間で到着である。
港からはマングローブの林が一直線に延びているのが見える。
暑さはランカウイよりマシに思えたが市内はどうなんだろう?



image_20130308172720.jpg



乗船率、100%と思えるのは今日は金曜日でイスラムの休日の関係と思う
マレーシア人風が最も多く入国のスタンプを貰うまでも30分程度かかったのではなかろうか

『タイ側 入国・イミグレーション』



image_20130308173156.jpg



街への移動は港の前で待機しているソンテウ(荷台に座席を取り付けた乗合のピックアップトラック)30Bを利用する。
こう言うのってドアtoドアって言えるの? 楽チンだわ

途中にサトゥーンのバスターミナルでハジャイ方面へ行く人が大方下車し
ソンテウの助手席に乗ってる私に、おまえは降りないの?って顔をしたので
サトゥーン。。タウン。。CITYって伝えたけど理解してくれたのかなぁ?

って事で次回はサトゥーンで安宿探し、街歩き編から








2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

6) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

7) 2013年1月22日 カビテ・ダスマリニャスから再びマニラへ戻る

8) 2013年1月23日 セブシティ ダウンタウン安宿 ゲストハウス

9) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

10) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアン~ドゥマゲッティへ

11) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る。

12) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート・シキホール島 サヌアン地区

13) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

14) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

15) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

16) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット

17) 2013年2月3日 シキホール島 バイクで走る 在住邦人との飲み会

18) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

19) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

20) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

21) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS社のバスでマラッカへ

22) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

23) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

24) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーズNew Year

25) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

26) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

27) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

29) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

30) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

31) 2013年2月18日 号外 桑島くんから送られて来たメール

32) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

33) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

34) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

35) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

36) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

37) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

38) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

39) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

40) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動






関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/992-824885af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY