アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2017.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

2013年3月9日 ipad mini 投稿


タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

当ブログでも根強い人気の有る安宿&ゲストハウスシリーズ。
旅先での更新から今まで泊まった宿は帰国後に再構築の予定としているが
サトゥーンの安宿をここで、一部更新しておく



地図



地図



ランカウイからのボートはサトゥーン中心部から15kmほど離れたタマラン港に着岸し
タマラン港から市内への移動はソンテウ(荷台に座席を取り付けた乗合のピックアップトラック)
などを利用するのが通常で途中に各地へ向かうバスターミナルにも寄ってくれる

厳密に言えばこのバスターミナルは市内より手前に有るのだが有無も言えず
この先の市内まで乗ろうが一律30バーツのようだ。



image_20130309222315.jpg



image_20130309222209.jpg



なお、ハジャイへ急ぎの方はバスターミナルで降りずにそのまま乗り続けよう
サトゥーン市内のロットウ(1BOXタクシー)乗り場で降ろしてくれるのと
客が集まらない限り出発しない乗り物なので、ここのロットウ乗り場の方が客が集まって来る。



image_20130309222214.jpg



image_20130309222212.jpg



ソンテウに残っていた客がここのロットウ乗り場で全員が降り私1人になるがまだ走り続けるようなので
そのまま乗り続けるが自分でも既にサトゥーン市内を走ってるのは理解出来たので

車窓から安宿を探す。それらしき古ぼけた建物が見えたがドライバーは走り続けるので
何も言わずに乗ってると、どう見たって自分の予算以上のHotelの前で終点だと言って停車した。



image_20130309222018.jpg



image_20130309222023.jpg



聞くには及ばないだろうと500メートルほど手前で見かけた安宿をあたろうと引っ返した。
モスクが近くにあるのが早朝から起こされないかと気になるのだが。。

イスラム系の経営のような Satultanee hotel ファン TV トイレ シャワー 300B
ソンテウの車窓から見た時はそうとう痛んでそうに見えたのだが安宿の割にはこましなレセプションである。
200バーツくらいと見たのだが思惑がハズれた。1泊だけするか。。

チェックイン時にデフォルトのポラリスより上等のミネラルウォーターが貰える。
4階建だがエレベーターなんてあるわけない。
ここの前のスーパーは街では1番安いのではなかろうか品物も豊富だしね。。



image_20130309222133.jpg



image_20130309222022.jpg



荷物を降ろして昼飯を兼ねカメラをショルダーバックに詰め込み街ぶらに出掛ける
街を歩いて見てタイの田舎町どくとくのゆるゆる感も残っており夕方からナイトバザールが
開かれ安い食材も手に入りそうでもっと宿代が安ければ2〜3泊したい衝動にかられた。

それを見越したのか一軒の安宿をひととおり歩いた帰りに見つける。。
サトゥーンでは3日ほど滞在予定なのでわずかな金額の違いで宿の移動は控えるつもりでいたが
現在の宿は水まわりが非常に悪い。。そう言う事で二日目はここへ移動して来た。

Udom Suk 旅社
シングル・ファン・トイレ・Wi-Fi は使えず部屋にコンセントも付いていない。230バーツ
スタッフはすべて華人でここでも上等な部類に入るミネラルウォーターが貰えた。

他では見つからなかったが、この宿の通りには朝早くから朝食が頂ける店があり
夜もビールでも飲みながら落ち着ける食堂も数件ある。



image_20130309222025.jpg



image_20130309222201.jpg



常日頃から不思議に思う事のひとつで移動に使うバスなどは待ってると来ずに必要でない時は直ぐに現れる。
安宿も時として同じで探すと見つからず、その気など無く歩いてると見かける。

RAIN TONG 旅社
市場の近くで見つけた宿で有るがシングル・ファンルーム・トイレ・シャワー・TVで220バーツ
最初に見つけていたら初めっからここに来るんだけどな〜

市場に近いだけあって朝早くからの朝食には困らないだろう
なんぼなんでも、もうゲームオーバーだわ

移動の要として位置づけられてるだけのサトゥーン。。
たんに通り過ぎず一泊だけでもしては如何だろう。。








2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

6) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

7) 2013年1月22日 カビテ・ダスマリニャスから再びマニラへ戻る

8) 2013年1月23日 セブシティ ダウンタウン安宿 ゲストハウス

9) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

10) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアン~ドゥマゲッティへ

11) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る。

12) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート・シキホール島 サヌアン地区

13) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

14) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

15) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

16) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット

17) 2013年2月3日 シキホール島 バイクで走る 在住邦人との飲み会

18) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

19) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

20) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

21) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS社のバスでマラッカへ

22) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

23) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

24) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーズNew Year

25) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

26) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

27) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

29) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

30) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

31) 2013年2月18日 号外 桑島くんから送られて来たメール

32) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

33) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

34) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

35) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

36) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

37) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

38) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

39) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

40) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

41) 2013年3月9日 タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き





関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/993-44675cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。