FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ボルネオ島 サバ州 ラハ ダトゥ 水上集落 1
ボルネオ島 サバ州 ラハ ダトゥ

Google アースに上記のキーワードを入れて見れば一目瞭然だが
海岸べりに無数に張り付くようにと言うより増殖しているの表現の方が相応しいような
おびただしい数の水上集落が衛星からの撮影で確認できる
便利な世の中だわ


2011


これはもう居ても立ってもおれない、この目で確認したい衝動に駆られた
別段、これと言った見るべきものが無いラハ ダトゥで退屈していた身には天からのプレゼントのようだ


2011


この町のもう一つの名物?と呼んでも大袈裟では無い裏観光メニューだわ
兎にも角も水上集落へ一旦足を踏み込むとあまりの奥行きの深さに、驚きを隠せなかった


2011


ここでは小さな男の子は全身裸がデフォルトのようだ、ある意味で少数民族だww

集落の下が海だけに、どこでもトイレの法則が成り立つのであろうw


2011


ちょうど訪れた時間帯がお祈りの時間と重なったのか
着飾ってモスクへ出向く子供達とラッキーな事に遭遇できた


2011


ははは 可愛いね玉ねぎ頭の子供たち


2011


まだまだ沖合へ伸びる水上家屋、こうなるとどんどん興味が湧いてきて途中で引き返せない
厚かましさにかけては、ほこれる大阪人、興味が尽きるまで、なんでも見てやろう

その前に住民に追い返されるかもww





ボルネオ島 ラハ ダトゥ 屋台 レストラン 食事


ボルネオ・サバ州の地図を見て思いつきで寄り道をしただけの地方都市 ラハ ダトゥ
土地勘を養うための街歩きをしたものの日中は茹だるような暑さの為に体力は奪われていく
そんな日がな昼下がり、安宿に戻って何もせずボーッとしている時間が多い


2011


安宿のレセプションで見かけたジャングルツアーに参加してと思ったがヒルが頭上の木から
落ちてくるの一言で即却下、そんな物騒な自然満喫トレッキングも当然触手が進むないし

こんな土地では必然的に夜の食事が楽しみの時間と言っても過言ではないのは確かだ


2011


そんな中、宿からほど近い場所が夕方になると店開きが始まり賑やかになる
なぜなら Jalan Mawar には屋台が出るからである


2011


食材もメニュー意外に目で確認が取れてハズレが無いので連日連夜、足げに通った

もちろんここでもアジアの習慣が受け継がれ他の店で買った食材を屋台へ持ち込み食べる事も許される 


2011


昼間は普通の道路だったのに,夕方になると駐車中の車もすべていなくなり
そこに100mくらいにわたって食べ物の屋台が並ぶのである


2011


しかし.... しかしだ.... ここはイスラム圏 アルコールはおおっぴらには飲めない
得意の隠し酒でもすれば、アッラーの神の怒りをかうことになるww


2011


インドネシアとの交流が深いだけ屋台のメニューもバリ島・ジャワ島で見かける物も多くなる
雰囲気もそうだが、こうなると屋台と呼ぶよりワルンだね!


2011


シメはやっぱバッソ(インドネシア流 中華そば)お椀が小さいので腹にも優しい
食べ終わったお椀は汲み置きの 汚水 でさっと洗って雑巾のような布で拭いておしまい次の客へw


2011


酒を飲みたいなら華人経営の屋台集合体レストランへ行けば飲める
たいていはカールスバーグかギネスが占めているようだ

その辺、アルコールに対してのフランクな選択が出来るマレーシアは異教徒には嬉しいね



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。


屋台の食事
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> 土地勘を養うための街歩きをしたものの日中は茹だるような暑さの為に体力は奪われていく
> そんな日がな昼下がり、安宿に戻って何もせずボーッとしている時間が多い

禿げしく同意です。
特にボルネオ東海岸は西海岸に比べて蒸し暑く、日中はとても歩けたものでは無いですね。
私も宿でヘバッている事が多く、16時過ぎからようやく動き出すという日々が続きました。

@管理人

小さなシュツピングモールがあったでしょう。。
私はそこで涼んでいましたが長居できる環境ではなかったです



> そんな中、宿からほど近い場所が夕方になると店開きが始まり賑やかになる
> なぜなら Jalan Mawar には屋台が出るからである

写真にもある通り、焼き魚がいいですね。
Sandakanの夜の屋台街では、鉄板の上に油を敷き、さらに上から油を掛けて魚を炒めていました。
それに比べ、ここLahad Datuでは油を使わず、炭火焼きにするのがいいですね。

> 食べ終わったお椀は汲み置きの 汚水 でさっと洗って雑巾のような布で拭いておしまい次の客へw

ところが、この通りの汚さ。
ちょっと引いてしまいます。

一方の、華人経営の屋台集合体レストラン。
写真にも焼魚とあるのですが、ここでは威勢良く焼いてはいません。
クーラーボックスに入れてある冷蔵の魚を選ぶと、初めて焼いてくれます。
種類・量共に少なく、イマイチ。

そこで、掟破りかとは思いましたが、最初の屋台街で焼魚を包んでもらい、それを中華屋台に
持ち込み、タイガー氏と会談です。
ここで気になったのが価格。
タイガー氏は缶でRM4。
一方、カールスバーグ氏は大瓶でRM14。
大瓶は缶の2倍ちょっとの量があるものの、それでもえらく高い。
「大瓶は何でこんなに高いの?」と聞いたところ、店員曰く「これは本物だ!」
じゃぁ何か、缶は偽物なのか? そう思ったものの、ここはアジア。
深く追求せず、タイガー氏と語り合ったとさ。(笑)


@管理人

帰国後恒例の飲み会では現在も勤め人連中にマレーシアの酒事情を話すと笑われるんですよね
おまえ。。ビールが高い高いって日本と同額かそれ以下じゃないかと。。。
短期で旅するサラリーマンにはわかんないだろうな長期旅行者の懐のことなんて(笑)









ボルネオ島 ラハ ダトゥ 安宿 ゲストハウス


サバ州、タワウからのバスはラハ ダトゥ市内の少し外れに到着した。

利便性の良い所にバスターミナルが有るので安宿探しも楽なはずだと直感

そんなおりバスターミナルの近くでTabin Hotel を見つけた


2011


1階は同じ経営者と思われる食堂があり、ここで飲み物を買って階上の風通しの良い
くつろぎスペースで飲むことも出来る

夜はプロジェクターで壁に映し出された映画を見もっての食事も出来るが
近くに屋台街があるせいか私も含めて宿泊客の大半はそちらへ流れた


2011


大雨が降ると困るが窓の無いくつろぎスペースは風通しもよく快適だ
Wi-Fiも通ってるので暇な夜長にはもってこいのゲストハウスだ


2011


レセプション兼 くつろぎスペース
街歩きに疲れたら宿へ戻り、この場所で訪れる客のウォッチング
客は怪しそうな女性も含めインドネシアからの出稼ぎが目立った


2011


到着初日にあてがわれた部屋
窓は明り取りだけに利用される小さな窓だが壁全体がタイル張りのため
ファンルームでも暑さは感じなかった

ここはダブルルームで35RM 1050円 マレーシアの宿は質の割に高いのが困る


2011


翌日、大きな窓がある角部屋が空いたので移動する同額の35RM 1050円
窓は大きく開放的だが昼間は熱風が入り込むので午前中だけが快適である
前日までの窓が小さなタイル張りの部屋の方が涼しく快適だったのは皮肉なもんだ

夜は昼間に暖められた熱気を逃がすため窓を全開にして外出したら
灯りに釣られて日本では見かけない昆虫が次々やって来てさながら無料のジャングルツアー状態だ

昆虫マニアにはたまらない部屋なんだろう、夜長は退屈せずに過ごせたが
さすがにツノの有る昆虫が入って来た時は素手では怖いので、ほうきで追い出した塩梅だww



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



達賓旅館
Rita Riyanto@ジャカルタです。

ここでも掲載の宿に泊まりました。
宿のタイトルは3ヶ国語で。
 Tabin Lodge / 達賓旅館 / Rumah Tumpangan Tabin
旅社・旅店は多く泊まってきましたが、旅館は初めてです。
でも浴衣はありません。(笑)
Rumah Tumpanganは、マレーシアにおいて安宿のカテゴリーを表示するものです。
インドネシアのLosmenやPenginapanに相当します。
正直言ってRumah Tumpanganは初めての宿泊で、ちょっと緊張しましたが、まあまあ
というところですね。
ただ、真夜中に廊下で大声がして、「誰々はどこに行った? 逃げたか?」と複数の
人が走り回ったのにはビビリました。

> ここはダブルルームで35RM 1050円 マレーシアの宿は質の割に高いのが困る

ここは値上げはしておらず、それどころかもっと安い部屋もありました。
 シングルルーム・天井ファン・トイレ水シャワー共同 : RM25
「質の割に高い」とご不満のあじ☆さん、どうしてこの部屋に泊まらなかったのでしょうか?

@管理人

確か私も見せてもらったと思うのですが
その時はベニヤ板で仕切られた一時しのぎのような部屋だったと思うのですが
それともその時は満室で別にそんな良い部屋があったのかな



この宿、不思議な構造です。
全ての部屋に側溝があり、蓋がされています。
どうも、各部屋の汚水が流れているようで、若干ドブ臭さが部屋に漂っていました。

> 1階は同じ経営者と思われる食堂があり、ここで飲み物を買って階上の風通しの良い
> くつろぎスペースで飲むことも出来る
> 夜はプロジェクターで壁に映し出された映画を見もっての食事も出来るが
> 近くに屋台街があるせいか私も含めて宿泊客の大半はそちらへ流れた

ここは経営が変わったようで、ワルン・キタに名前が変わっていました。
18時には閉店で、夜の営業はやっていませんでした。

@管理人

夜間であろうが街歩きが好きなもので、どうしてもここで食べてしまうと
歩かなくなるかなと思い飲み物以外は注文せずに終わりました。







Design&Material By MOMO'S FACTORY