FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2020.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ミャンマー モンユアからマンダレー 安宿 ロイヤル ゲストハウス


2019年 2月8日

モンユアを後に最終目的地のマンダレーに向かう。
ミャンマーもタイ同様に南北に長くヤンゴンから そこそこ

北上したと思ってはいたが 未だミャンマーの
ほぼ中央に位置するところらしい。

201902091857118f5.jpeg

マンダレーを後にヤンゴンに戻らなければならないので
今回のミャンマー詣での最終目的地とする。

20190209185713335.jpeg

モンユアの宿からは バスターミナルに向かい
そこからミニバン もしくは大型バスで向かうとの事で
出来れば大型バスで行きたいと思う。

201902091857502fa.jpeg

さてバスターミナルまでは到着した時と同様に町を流してる
若者を捕まえて1000K 75円で乗せてもらえた。

20190209185712b19.jpeg

バスターミナルに到着したもののお目当ての大型バスは
出発まで時間があるので仕方なしにタイムリーで運行している

ミニバンでマンダレーに向かう事になってしまったが
後々 ミニバンが正解だったと気づく事になる。

20190209185743f04.jpeg

マンダレーの宿は某ガイドブックに従って決めた。
6ドル 朝食付きだけに各国のバックパッカーに支持されており
予約しておいた方が賢明と書かれていたので

モンユアで泊まったゲストハウスの お姉さんに
宿へ電話してもらって既に予約済みで向かう。

20190209185748ed0.jpeg

到着日は部屋番号A トイレ シャワーが近い!

二日目以降は部屋番号C Wi-Fiの受信が良い!

201902091857496de.jpeg

それと書き忘れていたが ミニバンが正解だったのは
大型バスだと市内中心部から離れたターミナルに着き
ミニバンだと市内中心部の宿に近いターミナルに着いたからだ。



ミャンマー モンユア タウンボッデー寺院


2019年2月7日

昨日はモンユア 到着後 宿探しで町ぶら 部屋に荷物を
置いてから町の中心を貫くボーチョーアウンサン通りを
散歩がてら歩いてモンユアの台所 マーケットを探索したので

201902082026097a8.jpeg

今日は バイクタクシーをチャーターして
「タウンボッデー寺院」「シュエターリウン」
「レーチョン サチャー ムニー」を観光しようと思う。

201902082025203b8.jpeg

所要時間は参拝も含めて往復3〜4時間
バイクタクシー代は10000K 750円と調べ済みで
8000K 600円で交渉したバックパッカーもいる。

20190208202523d9c.jpeg

それならばと探すこと10分 お客を1人積んだ
英語の分からなさそうな 外国人にスレていない
三輪バイクタクシーの叔父さんを見つけ

8000K 600円で 座席が楽ちんな
三輪バイクタクシーで往復する事になった。

2019020820254736b.jpeg

「シュエターリウン」
「レーチョン サチャー ムニー」到着間際に
バイクタクシーがやって来て 頂上まで乗せて行くと

言い寄って来ますが それも楽ですが 頂上へ向かい歩くと
途中にパゴダ(仏塔)があって 登る事が出来ます。
私は歩く事を勧めます。

(記事 詳細は帰国後にでも)

20190208202549829.jpeg


20190208202550a00.jpeg


201902082026115f2.jpeg


2019020820261087a.jpeg



201902082025174b8.jpeg

宿の近くには夕方からナイトマーケットが開かれます。

20190208202523bf6.jpeg


20190208202547ce7.jpeg

ミャンマーの宝くじは 高額当選者
顔出し 公開なのは笑えた。

2019020909345615b.jpeg


201902090934563a5.jpeg


20190209093457cf7.jpeg






ミャンマーバガンからモンユアの町に


2019年2月6日

当初 バガンは2〜3日滞在で移動する予定でいたが遺跡群の
素晴らしさとEバイクで行動範囲が広がり思いのほか
楽ちんだったお陰で5日間も滞在してしまった。

2019020820203981c.jpeg

日にちが押して来たのでバガンからマンダレーに
直行すれば良いだろうと考えていたが 地方都市が好きな故

少し大回りにはなるがモンユアと言うマイナーな町に
寄ってみようかと気が変わった。

2019020820204184f.jpeg

マイナーと言うが一応は某有名ガイドブックにも
紹介されているだけに外国人が立ち寄るには

問題は無さそうである。モンユアまでのチケットは
前日に6500K 500円 宿で買っていて

2019020820213423d.jpeg

出発当日は宿までバスが来てくれるので離れた
バスターミナルまでバイクタクシー出向く必要が
無いのがありがたい。8:00過ぎにやって来たバスは

ミニバンタイプで日本のハイエース 最初は
がら空きの車内も途中から客が乗り出して満員になった。

20190208202104dc1.jpeg

休み無しで走ったバンは11:30モンユアのバスターミナルに着いた。
そこからバイクで道路を流してる地元の兄ちゃんを捕まえて
1000K 70円で宿が集まる地区まで運んでもらって宿探しである。

20190208202040937.jpeg

当初 Googleマップで目星をつけていた安宿は
全てミャンマー人専用宿で断られ続けて3軒

仕方なくガイドブックに出ていた
予算オーバーの宿に投宿した。

201902082021345bc.jpeg

ツインベッド AC トイレ シャワー 言い値13ドル
2泊するのと朝食別と言う事で11ドルにしてもらった。

20190208202134e08.jpeg

タイの場合は国王だけに ミャンマーのスーチー女史とは
信仰の仕方は別物かも知れないが ここモンユア で
初めてスーチー女史の写真が多数貼られているのを見た。
ミャンマー滞在中 初めてである。

201902082021328d4.jpeg


201902082021043ba.jpeg


2019020820210596d.jpeg






Design&Material By MOMO'S FACTORY