FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2019.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


セブ入港に集まる物乞い船
旧マクタン大橋を過ぎた辺りから突如一隻のエンジン付き小型バンカーがこの船目がけて猛スピードで
向かって来たと思えば船体横腹近くで急旋回、最初は何事かと状況が掴めませんでした

これがスルー海 辺りの出来事だと一瞬、かか海賊~ってびびるけど
フィリピン第二の都市セブ港なもんでアトラクション的な見方しか出来ませんでした。


2007 May フィリピン

フィリピンを船旅してるとコイン拾いを生業としてる姿はよく目にしますが
たいていは子供 それに手こきのボートで現れるか発泡スチーロールの物体に

またがっての燃料代の掛からないエコロジーな方法なんで
いくぶんここでのコイン拾いのエンジン付きボートでの参上には驚きました

2007 May フィリピン

上) 家族で営業中の物乞い船 船首の女の子は日本じゃ高校生か短大生、お年頃ですよね
   恥も外聞も無く海に飛び込みコインをひらってました。

下) さしずめ家族の長老でしょうか? お金入れのデカイこと笑っちゃいました。
   確かにもう海へ飛び込めるお歳じゃないもんね 婆ちゃん!

2007 May フィリピン

以前は瓶に100ペソをねじ込め喜捨してる洒落のわかるフィリピン人も見かけましたものでした

2007 May フィリピン

おそらく子供は同情を引くための演出でしょうが上からコインが投げ込まれると当然ながら
子供をボートに残し飛び込みます。そこそこのサイズの船なら気にも成りませんが

この小さな船から飛び込むわけですから子供がボートに残ったまま大きく左右に揺れます
時にはフェリーの引き波でとんでもない方向に向いちゃったりと見ている私がハラハラ。ドキドキ

2007 May フィリピン

フェリーから投げ込まれるコインはたいてい1ペソコイン2.6円から5ペソです。
商売敵のボートは何隻も出ています いったい一日の稼ぎはガソリン代を差し引いて
如何ほどのものなんでしょう? 最後まで疑問は残りました。

2007 May フィリピン

エンジン付きに比べ手こきは経費が掛からないけど よ~く考えてみて下さい
フェリーも港へ向けて動いてるわけです。コインを投げる乗客目がけての移動は
断然、手こきは不利です。 もちろん私は手こきボートの見方でした



私が滞在したセブCITY ダウンタウン
6月14日 7:40 セブ第一埠頭に接岸・上陸

昨夜、船内で決めたダウンタウンの安宿までどうして行こうか考えを
打ち下す猛暑、さっそくトライスクルを探すがいてない

あらま痒いところに手が届く乗り物じゃなかったっけ
埠頭で乗るとぼられるので、まあいいかと歩き進めるが見当たらない
タクシーだけがクラクションを鳴らしセールスしてくる

2007 May フィリピン

15分後そのうちダウンタウン近くまで歩いてるのに気づく
教会が見えて来たので地図と照らしあわすとサントニーニョ教会と判明

それなら後わずかだわと最後まで歩きとおすはめに
背中は汗でぐっしょり気持ちわり~

で着いたところがマクシェリペンションハウスという立派な安宿

2007 May フィリピン

シングルとリクエストしたのに通された部屋はツインルームで
片側のベッドのみ新しいシーツがひかれてるのでベット使用は

ひとつのみ、あっそれでシングルな訳なんだってへんに納得してまずは
シャワーを浴びることに そうそう部屋代は1泊380ペソですが
連泊すれば355ペソという中途半端な値引きに感心させられる

2007 May フィリピン

シャワーを浴びてすっきりしたのでウォーキングがてらもうひと汗かきに行く
行き先はオスメニアサークル先のカルロス・バッチヨイというラーメン屋さん

ネットでひらった地図を片手に行くが見つからず20分で到着と見込んでいたのに
移転して全然違う場所にNewOpen そらないで~ 

1時間以上掛かり、またもや汗だく 一瞬シャワーを浴びに帰ろうかと思ったが
何しにここへ来たのか解らなくなるので思いとどまる。

2007 May フィリピン

SUPEARという具だくさんの種類を注文しましたがなかなか美味でした
お近かづきの際はお寄り下さい 冷房も効いてて綺麗な店でした。

オスメニアまで来たことだし両替するが
このところ円は下降気味で1万円がセブでも3775ペソに目減りしてます。

ちなみに同じ2007年の正月は4250ペソだったのに~

2007 May フィリピン

オスメニアからナショナルブックセンターへの道中のビルに日本語環境の
ネットが有ったので1時間ほど消息をお知らせメールして適当にやって来た

ジプニーの助手席が空いてたのでのっかり気の向いた場所で降りる
迷子ゲームを開始するが前にも訪れたAYARAのでかいショツピングセンターが
見えたので飛び降り涼みがてらウインドショッピング

夜は地元民で賑わうバーベQ屋でレッドホースの大瓶とヤキトリです。
すっかり親父思考になってます。



セブCITYからマクタンリゾートまでチープに行く
人間、暇になるとあれこれ考えるものでして
そんな訳で今日は私が滞在しているセブシティからリゾートエリアのマクタン島
マリンバコ・プランテンションベイリゾ-トまで通常TAXIだと250ペソあまり

掛かるのをチープにジプニーに乗って宿泊客でもないのにリゾートへ潜入と
暇人しか思いつかないような企画をたて実行しに行きました。

2007 May フィリピン

まずは宿の叔母さんにマクタンへ行きたいとその旨を伝えるとさすがに安宿の叔母さんは
客層をよく心得ており私の身なりを見たとたんにTAXIなど使うのはは論外と思ったのか

ガイサノ・メトロのジョリピー前から21Bのジプニーで6ペソに乗って
マンダウェイ市のサンミゲール工場前で乗り換えろって親切に教えて頂きました。

2007 May フィリピン

フィリピンを知らなくてもセブ市やマクタン島は知っている人が多いと思います

2007 May フィリピン

ガイサノ・メトロから乗車したジプニーは少しするとサントニーニョ教会の前を通ります。
教会に近づくとローソク売りが寄って来ますね
ジプニーの私にも声をかけますが、乗車中にこんなの買ってどうなんよって突っこみたくなります。

2007 May フィリピン

上)  巨大スーパーSMの前を通りマンダウェイ市にジプニーは向かいます。

下)  そろそろサンミゲールの工場が見えて来ましたね サインが大きくて解りやすいです。

2007 May フィリピン

ビサヤ方面には軽トラックを改造したジープニーが有ります 約12人の乗客が乗れます 
後ろに10人前に2人です 運転手を入れると13人乗りに成ります 

2007 May フィリピン

ここサンミゲール工場前からの乗換えで一番良いのは便数が少ないが今回の目的マリンバコか
マリンゴドン行き10ペソへ乗れば寝てても着いちゃうのですが

本日は旧マクタン大橋近くのレチョン屋(ブタの丸焼き)を昼食に食べる予定なんで
便数の多いマクタン島 エアポート付近のMEPZA行きの小型ジプニーに乗り換えました。

派手な小型ジプニーですね 個人所有でしようか?
日本だったらフロントガラスにフィルムを貼ると捕まりますよ経験済みです(汗

2007 May フィリピン

上)  サンミゲール工場を過ぎて右折すると旧のマクタン大橋方面です。

下)  レチョン(ブタの丸焼き)を提供する店が見え始めましたので降りる準備です。
    まずは腹ごしらえをして再度マクタンリゾートへ向かうとしましょう!

2007 May フィリピン


近場であろうが6ペソ払います いい匂いで気が焦りますが支払いはして下さい。
さ~て どの店に入ろうかな





Design&Material By MOMO'S FACTORY