FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


11<<  2019.12 >>01
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


パラワン島 ポート・バートンからプエルト・プリンセッサへ移動です

2008  3月7日


パラワン島 ポート・バートンからプエルト・プリンセッサへ移動です


8時40 ポートバートン出発

さて今日はパラワンの大都会プエルト・プリンセッサへ向かいます

もう1~2日は ここで、静養したかったのですが

フィリピンペソのキャシュが、とうとう尽きてしまいました。


2008-p


さあプエルト・プリンセッサで現金を引き出して

美味しいもの食ってやる~ と言い聞かせバートンを後にします

またあの悪路を戻るのかと思うと気が重いですが数日、雨が降らなかった分、往路から比べ

ジプニーの綱引き回数は少なかったですがすんなりとは事は進みませんでした

2008-p

10時05 サンフォセジャンクション到着(北はエルニド・南はプエルトのハイウエイ地点です)

帰りは実にスムーズな乗換えで乗り換えの待ち時間わずか5分
ジプニーを降りると直ぐにプエルト行きのバスが来ました (行きは3時間30分待ちました)


10時10分サンフォセジャンクション発
サンフォセ プエルト間のバス料金は120ペソ320円

2008-p

11時20分 MAOYONという村?町?でトイレ&食事休憩

ほとんど道が舗装され驚きです 1998年に来た時は大半がダートで

パンクも実に2回経験しバス移動も1日がかりでした

( 私のグレゴリーのバックですね 小さめなんでバス移動の時は助かります )

2008-p

12時40分プエルトプリンセッサ到着(信じられない早さです)

バスターミナルからは市内へ7ペソ18円ジプニーで参ります

( エルニドから帰ってきた白人さんの姿もみられますね )

2008-p

ジプニーを町のメイン通りのRizal Avで降りてまずは新生銀行に

預金してる現金をATMで引きおろさないと宿代も無い状態

( 市内まで利用したジプニーの車内です )

2008-p

その後、検討をつけていた宿に参るためリサールSTを空港方面へ

快晴のなか汗だくで歩き宿に着くが予算外の850ペソ

( プエルト・プリンセッサ市内です トライシクルが幅を利かせてます あまりボラレません )

2008-p

ダッチェスペンションと言うガイドブックにも載ってる宿に行くが

さすがに人気が有るのか満室状態 ここの宿のスタッフがこの先にも

チープな宿が有ると教えられ着いたのがメントーサ公園の近くの200ペソの宿

2008-p

市内から大型フェリーの発着する港の方へ歩いていくと綺麗な教会が目に入りました

CATEDRAL CHRCHI

2008-p



2008-p

宿のスタッフは親切で私は大荷物が嫌いなのでバスタオルは

持ちませんが200ペソの宿でもちゃんと貸してくれました

( プエルトでの宿 DANGKALAN ゲストハウスのベランダです )

2008-p

おまけに、せっけんまでくれました

(安宿派じゃない方は意味不明と思います笑)

2008-p

なにはともあれ汗だくなんでシャワーを浴びここでの目的のビザ延長

をしにイミグレーションへ向かう事にする

2008-p

プエルト・プリンセッサの移民局(イミグレーション)は

町の大通りメインSTのRizal Avを空港の方へ行くと小さな商業ビルの2階にあり

2008-p

見つけにくいです隣はイレズミ屋さんで二階へ上がる階段はビルの裏側にあり

今回の旅で2回目の延長です 一回目はセブ市内で延長しました

2008-p

フィリピンは入国時に21日間が付いていますその後二回目で38日間延長可能で

この時点で59日間(約2ヶ月)滞在できます

よく見ると1年までの滞在が、ここプエルトでは簡単みたいですね

クリックすると料金表は大きく成ります

2008-p

二回目では60日(約2ヶ月)まで延長可能なんで この時点で4ヶ月滞在が許されます

将来、ロングステーをお考えの方、料金は上の料金表を参考にして下さい

6ヶ月までは簡単に延長可能です。

将来はフィリピン滞在途中で安いチケットを見つけたらタイなどへ遊びに行き再度

フィリピンに戻り空港で21日間の滞在許可を自動に貰い日本へ帰国を考えてます

フィリピンもマレーシア同様に3ヶ月はノービザに成る事を望みます

他の物価・出費から比べ延長料金はバカに成りません ボロ儲けですね





Design&Material By MOMO'S FACTORY